香水なぜ人気なの?歌詞に出てくるドルチェ&ガッバーナってどれ?

この辺気になりますよね。 調べてみました。

デジタル配信のみでリリースされ瞬く間に人気となり新人としては異例の紅白歌合戦への出場も決定した瑛人の「香水」。

さらなるロングヒットの兆しを見せている「香水」について、なぜ人気なのか、歌詞の中で出てくるドルチェ&ガッパーナの香水はどれなのか詳しく調べてみました!

 

香水の詩はなぜ人気なの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

瑛人(@eito0603)がシェアした投稿

瑛人の香水の歌詞は切ない失恋ソング。

別れてしまった彼女を想い続ける男性の切ない気持ちをギター1本をバックに歌い上げたシンプルな内容です。

作りこまれた音楽全盛の時代にギター1本で弾き語りというのは目立っているし、サビの「君のドールチェアーンドガッパーナのその香水のせいだよ」は一度聴いたら耳から離れない中毒性のあるリズムでヒットする要素はしっかりある良曲だと思います。

ただ、「香水」をこれほどの大ヒットに押しやったのはTikTokが大きな要因と考えられます。

この曲をカバーした動画をTikTokに投稿するユーザーが増え始め、若者に人気の中島颯太(FANTASTIC from EXILETRIBE)が弾き語り動画を投稿したことで一気にブーム化。

その後は各種SNSにもカバーやダンス動画が次々と投稿されてブームが広がりました。

 

歌詞に出てくるドルチェ&ガッバーナの香水ってどれ

香水の中で何度も繰り返される「ドルチェ&ガッパーナの香水」。

実際にどの商品でどんな香りなのでしょうか?

調べてみると瑛人さんが歌詞にしたドルチェ&ガッパーナの香水は2012年に発売されたメンズの香水「スポーツ」だという事が分かりました。

残念ながら現在廃盤となり販売が終了している香水なので購入することは難しいそう。

瑛人曰く実際は元カノではなくハンバーガーショップのオーナーがつけていたのがこの香りらしく、「独特の強い匂いのやつ」と話しています。

ただ、やはり大ヒットソングということで「香水で元カノが使っていたドルガバはこれ!」とたくさんの方が妄想していることが分かりました(笑)。

以下はその中でも特に人気の香水です。

 

■「香水」の中で使われていそうなドルチェ&ガッパーナの香水

◇ライトブルーオードトワレ

地中海に降り注ぐ灼熱の太陽をモチーフに感応的な魅力を表現したライトブルー。

「海に行った」という歌詞にもピッタリの爽やかな香りです。

ドルチェ&ガッパーナ ライトブルー

 

 

 

 

◇ドルチェ ピオニー オードパルファム

幸せをもたらすというピオニーの豊かでフェミニンな香りが甘美に広がります。

「男性が選ぶ女性に付けて欲しい香り№1」だそうで、ギフトとしても圧倒的に人気。

ドルチェ&ガッパーナ ドルチェピオニー

 

 

 

 

◇ドルチェ&ガッパーナ ジワン

とろけるように甘くグラマラスでセクシーなのにジャスミン、リリーとオレンジが軽やかに香り気品漂うゴージャスさを感じさせる完成度の高い香り。

ドルチェ&ガッパーナ ジワン

 

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

瑛人の香水はTikTokから火が付き大ヒットとなりましたが、元々の楽曲が良く歌声も素晴らしいので今後も息の長い人気曲になりそうです。

そして実際のドルチェ&ガッパーナの香水は現在は廃盤ですが、曲中の元カノが使っていた香水をたくさんの方が妄想していることが分かりました。

聴く人の想像力を掻き立てるのも良曲ならではですね。

 

 

 

 

 

ナイショのおまけ情報は⇒こちら




こちらもどうぞ!話題の香水