香水のほんのり香る付け方は?

 

どこにどれくらいつければいいの?

 

 

 

香水は、

 

男性も女性も今では使うのが定番なアイテムとなっています。

 

今回はほんのり香る付け方についてお届けしたいと思います!!

 

 

 

 

まずは香水の基礎知識☆

香水は好みもそれぞれ違います。

 

香水の種類はどれくらいあるのでしょう。

 

「香水」で検索しても数はでてきません。

 

 

 

日本では香水をひとくくりで呼んでいるようですが、

 

外国ではパルファン、

 

オードパルファン、

 

オードトワレ、

 

オーデコロンと呼び名が違うようです。

 

 

 

香水は香りが違うのは勿論ですが、

 

つける前に知っておきたいことがあります。

 

 

 

 

■持続時間

 

パルファン     5時間~7時間

 

オードパルファン  5時間

 

オードトワレ    3~4時間

 

オーデコロン    1~2時間

 

 

 

 

つけてはいけないといわれている箇所もあります。

 

直射日光にあたる場所は避けます。(首、胸など)

 

洋服はシミの原因となりますので、

 

直接振りかけるのはおすすめできません。

 

汗がかきやすい部分にはつけないようにしましょう。

 

 

 

汗と香水の匂いが混ざって悪臭になってしまうからです。

 

 

 

ほんのり香る付け方は?どこにどれくらいつければいいの?

ここで覚えておきたいことは、

 

香りは下から上にいくということ。

 

 

 

体温で暖められることによって

 

香りも強くでてきます。

 

 

 

ウエストから下につけるのが良いとされています。

 

 

 

ウエストの両側、

 

太ももの内側、

 

膝の裏、

 

足首など

 

中心部分を避けることによって、

 

自分も周囲も動く度にほのかに香ることができるんです。

 

 

 

どれくらいつければ良いか悩みますよね。

 

少ないと思われるかもしれませんが、

 

ワンプッシュつけることで充分な香りが楽しめます。

 

 

 

香水をつけるときはコットンなどにしみこませて、

 

箇所にポンポンと軽くつけていきますが

 

スプレータイプの物は

 

お肌から15~20cm離してワンプッシュします。

 

 

 

香水の粒子がお肌に広がってつくので香りも拡散しますよね。

 

 

 

 

香水をつけるときに擦りながらつけるのは絶対にやめましょう。

 

 

 

一昔前は手首などに擦りあわせて耳の裏につけるなどしていましたが、

 

これは香水の良い香りを潰してしまっていることになるんです。

 

 

 

本当はもっと良い香りがしていたのに、

 

つけ方を誤ったことで台無しにしていた可能性があります。

 

 

 

 

まとめ

今回は『香水のほんのり香る付け方は?どこにどれくらいつければいいの?』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■まずは香水の基礎知識☆

⇒種類によって持続時間が違う!!

 

■ほんのり香る付け方は?どこにどれくらいつければいいの?

⇒下半身中心に控えめに☆

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

「今まで擦りながらつけていた」と心当たりの人がいましたら、

 

次回からは優しくつけていくように心がけてくださいね。

 

 

 

いつもこの人は良い香りだな~と思われるような人になりたいですね。

 

 

 

 

 


※ところで、勝負時に使うべき香水ってどれなのか気になりますよね!!!

知らなくても、特に日々の生活で支障はないですが、平凡な日常になんの変化も訪れません。。

でもでも、知っておくと草食系イケメン男子や気になる彼との距離が急激に進展する可能性が跳ね上がります!

デートや同窓会など、ここぞ!という場面で使ってみて下さいね。

彼が豹変すると話題の香水!リビドーロゼの口コミはこちら

↓  ↓  ↓

リビドーロゼ 口コミ