香水のつけ方☆服につける場所はどこがいいの?

 

注意点すべきことは何?

 

 

 

香水は肌につけるものだと決めつけていませんか?

 

 

なかには香水を洋服に付けて楽しみたいという方もいますよね。

 

 

 

 

香水を洋服につける場合には、

 

注意すべきポイントがいくつかあります。

 

 

 

 

今回は香水を洋服につけるときの注意や、

 

つけてしまった匂いの落とし方などについて

 

詳しくご紹介しています。

 

 

 

 

香水のつけ方☆服につける場所はどこがいいの?注意点すべきことは何?

. “LOVE STORYつくろう2018❤” . 女性のみなさん。男はだいたいこの香りが好きです🙊 . 【アンケート統計-男性-】 . 50人に聞いてみた結果… . 49/50が好き❤ 1/50が嫌い💔 . 90%以上好きみたいです🙊 . ということで、これ使っとけばほぼ間違いないです💁🏽‍♂️ . #STORY といえば最近出てきた 「IGTV」っていうアプリチェックしてみて👇🏾👇🏾 @__k.e.i.t.a.gram__ . @_k_viles_ . @1106_masaya . @__m.k.y.__ . @taisei970113 . この方々の面白いです😍 . #香水コレクション #香水 #プロフェッショナル #ケントヒライワ #わしセレクト#クロエ #chloe #love #IGTV #バズる予感

Kento Hiraiwa | 平岩 賢人 | ‘96さん(@kentokun_____)がシェアした投稿 –

香水を洋服につけるときの注意

〇洋服の材質に注意する

洋服に直接香水をつけると、

 

衣類にダメージやシミ、

 

変色する恐れがあります。

 

 

 

 

洋服の材質を確認してから

 

香水をつけるようにしましょう。

 

 

 

 

もし服に香水をつけたいのなら

 

裏地のある洋服やキャミソールなどの下着につけるとよいでしょう。

 

 

 

 

裏地のある洋服やキャミソールなどの下着であれば

 

もしもシミやダメージになってしまっても目立たないので、

 

衣類に香水をつけたいのなら裏地やキャミソールなどの

 

下着につけることをおすすめします。

 

 

 

 

〇香水をつける部位に注意する

香水の香りは下から上へと流れていくので

 

洋服につける場所は裾のあたりにつけるのがいいでしょう。

 

 

 

 

汗の臭いと香水の香りが混じりあい

 

異臭になることがありますので、

 

汗のかきやすい部分に香水をつけるのは避けましょう。

 

 

 

 

〇香りがきつすぎないか注意する

香水を付ける時に気を付けなければならないのは、

 

自分だけが心地良い香りだと思っていても、

 

周りの人は不快に感じてしまう事があるという点です。

 

 

 

 

洋服に香水を付ける際には、

 

肌につけるよりも長時間香水の香りが楽しめる

 

 

というメリットがありますが、

 

付けすぎによって香りが強く漂ってしまいやすいので

 

気を付けましょう。

 

 

 

 

洋服に香水をつけるときのやり方

初心者は香水を洋服にどれくらいつけたらどれくらい匂うのか

 

把握していないため、

 

はじめは洋服に直接香水を吹きかけるよりも、

 

「ハンカチ」に香水を吹きかけ、

 

クローゼットの中に一緒に入れて

 

サシェのような使い方をするのがおすすめです。

 

 

 

 

直接付けなくても、

 

衣類は香りが移りやすいため、

 

ほんのりと上品に香らせる事ができますよ。

 

 

 

 

香りは下から上にのぼるため、

 

香水をつける場合はボトムスに付けるのがおすすめです。

 

 

 

 

香水は、一定の時間が経過するとニオイが消えていきます。

 

 

 

 

1度香りを付けた洋服に香水を重ねづけをする際には、

 

最初に付けた時よりも、

 

やや控えめに付け足すのが、

 

香りが強くなりすぎないためのコツです。

 

 

 

 

洋服につけた香水の匂いを消したい時はどうするの??


〇クリーニング

クリーニングに持って行くのが一番手軽で安全な方法です。

 

 

 

 

〇重曹

重曹を入れた水に一晩付け置きして洗濯する。

 

 

※洋服によっては、

 

色落ちや繊維の痛みにご注意ください。

 

 

 

 

〇クエン酸

クエン酸を入れた水に一晩付け置きして洗濯する。

 

 

※衣服によっては、

 

色落ちや繊維の痛みにご注意ください。

 

 

 

 

〇スチームアイロン

蒸気がニオイ成分を高温で浮かして

 

いっしょに揮発してくれます。

 

 

 

※衣服によっては、熱による衣服の痛みにご注意ください)。

 

 

 

 

〇活性炭+プラ袋詰め

木炭や活性炭のような脱臭効果があるものと衣服を

 

プラ袋・ビニール袋に入れて密封する。

 

 

活性炭が香料の分子を閉じ込めます。

 

 

 

 

〇陰干し

お洗濯後はタンスなどにしまわず

 

通気性のよいところに数日間、陰干しし、

 

香料の自然な揮発を促進。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は『香水のつけ方☆服につける場所はどこがいいの?注意点すべきことは何?』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■香水のつけ方☆服につける場所はどこがいいの?注意点すべきことは何?

⇒つけすぎ注意!下着やボトムスがおすすめ☆

 

■洋服につけた香水の匂いを消したい時はどうするの??

⇒方法いろいろ!服の素材によって使い分けて。

 

 

 

いかがですか?

 

 

つけ方を注意さえすれば、

 

香水は肌につけるより洋服につけた方が

 

長時間良い香りを楽しむことが出来ます!

 

 

 

 

洋服の材質や周りにどれくらい香っているかに注意をして、

 

好きな香りを思い切り楽しんでくださいね(^_-)-☆